バイクのパーツを売る

僕が持っているもので、唯一高額なものと言えば、やはりバイクだと思う。
僕は昔からバイクが好きで、唯一バイク雑誌だけは良く読んでいた。
なぜ車ではなくバイクが好きなのか?は解らないが、18になると僕は二輪車の運転免許を取得し、アルバイトをして自分のバイクを購入することになった。
当時のアルバイトはコンビニの店員。
夜勤だと時給が高かったから、夜にたくさん入れてもらって、そこそこ高いお給料を稼いだ。
そうやって稼いでそこそこ高いバイクを購入し、更にアルバイトをしてパーツを購入した。

こうして手に入れたバイクで、ツーリングをするのが大好きだった。
前の仕事先である印刷会社は、決して環境が良いとはいえなかったので、ストレス解消がてら良くバイクを運転して外に出た。
だけど、仕事が無くなり、外に出る必要が無くなってから、外に出るような理由が無くなった。
色々迷ったけれど、僕はこのバイクに取り付けたパーツを売ろうと考えている。

バイクそのものにはとても思い入れがあるけれど、いい加減もう古くなってきているし、できれば「新しいものに買い換えたい」と言う気持ちがあることも事実だ。
苦労して購入したバイクだけに、とっておきたいとは思うが、それよりは「今度働いた時に、新しいバイクを購入したい」と言う気持ちの方が多くなってきている。
更に、パーツともなるとかなり古いので、バイクに乗るにしても「新しいパーツを買いたい」と思うことが増えた。
どれも高いパーツだったので、手放すのが惜しい気持ちもあるのだが、流行おくれになったパーツはよほど腕が良い人じゃないと格好良く使えない。
だから、売ることに決めた。

自宅にいても買取をしてもらうことができるサービスがあるところを探して見た。
パーツワンというショップでは、バイクのパーツを自宅にいながら買取をしてくれるショップ。
まず、インターネットで買取の申し込みをして、届いた宅配買取同意書にサイン。
あとは、着払いでパーツをパーツワンに送るだけ。
これで、査定が終わった後はすぐにお金を振り込んでもらうことができるので、本当に簡単だ。
バイクのパーツもオークションで売るか?と思っていた時期があったけれど、思い入れもあるパーツだけに、「本当に大切にしてくれる人に引き取って欲しい」と言う思いもあった。
パーツワンなら、きっと良い人のもとにパーツを売ってくれるだろう・・・と思えた。

正直、これでパーツとお別れするのは寂しい。
だけど、また新しいパーツとの出会いがあるさ、と思えば、その寂しさも和らぐ。
売るパーツを箱に詰めた夜、僕はそっと「今までありがとう」と箱に話しかけた。