宅急便は本当に早い

今ではネット通販でなんでも欲しいものを購入して、すぐに届けてもらえるようになったけれど、そういったネット通販ですっかりおなじみなのが、クロネコヤマトの宅急便ことヤマト運輸の宅配サービスだ。

宅配サービスにはこれ以外にも、佐川急便などいくつかのサービスがあるけれど、ネット通販では圧倒的にクロネコヤマトを利用している企業が多い。

どうやら佐川急便の方が料金は安いみたいで、低価格を売りにしているショップなんかでは佐川急便を使っているケースもあるけれど、翌日配送みたいなスピードを重視している会社は、たいていクロネコヤマトだ。
たしかに、ネットで午後に注文してクレジットカード払いにすれば、次の日には商品が届くんだから本当に早い。

最近は、欲しい!と思ってから購入ボタンをクリックして、それが自分の手元に届くまでの時間あまりにも短いので、ついつい次から次へといろいろなものを買ってしまい、無駄遣いがどんどん増えている。ニートなのに。
そんな俺の怠惰名生活を支えているのも、やっぱりこういった宅配サービスの優れた配送にあるんだろうな。

前日の午後に注文した荷物が、翌日の午前中に届いてしまう理由は、24時間休まずに動いているという点にある。

荷物を受け取るとすぐに集配センターにそれが送られ、送り先の地域ごとに仕分けされたトラックでその地域のセンターに運び、そこでまた細かい地域別に仕分けされたトラックに乗って配送される。
この一連の流れがしっかり仕組み化されているからこそ、できることなんだろうなと思う。

もちろん、毎日を自由気ままに過ごしている俺にとって、本当はそんなに急いで受け取らないといけない物なんてない。
でも、ネットで注文するとすぐに届くと言うことは、その商品を見つけた時の高いテンションと維持した状態の時に荷物が届くということだから、やっぱり楽しい。
昔の通販だと、買ってから届くまでに時間がかかるせいで、欲しい!という気持ちがだんだん薄れていって、手元に商品が届く頃にはもうどうでも良くなってしまっていることも少なくなかったもんなあ…。

そういうタイムロスがないからこそ、ついつい次々といろいろ買ってしまうと言うデメリットも、もちろんあるけれど。
やっぱり、すぐに届くというのは、ネット通販や宅配サービスではとても重要だ。
これからもどんどん使って行きたいと思っている。