ブックオフに本を売る

今は、なんとあのブックオフもサービスの中に「宅配」を加えている
僕も、ニートになってからインターネットで検索して、このシステムを知った。
ブックオフで行われている宅配サービスとは、つまり「宅配買取」のサービスである。

僕は前からブックオフの古本買取サービスを利用していた。
僕はそこそこ雑誌も購入するし、漫画も読む。
でも、そうやって購入した本たちは、すぐに読まなくなって自宅にたまっていくばかりなのだ。
頭の良い人なら、雑誌や本を何度も読み返すのかもしれないが、僕の場合は大抵「1度読んだら終わりである。
しかし、少しでもお金を払っている以上、そのまま捨てるのはもったいない。
雑誌なんて、今日日1000円近くすることだってあるのだ。
だったら、少しでもいいからお金に変えることができる様なショップにもって行った方が良いのでは?と思うのは当たり前のことだと思う。
そこで、僕はブックオフに古本を持って行くようになった。

でも、その場合に問題になるのが「本を持っていく手段」である。
車でもあれば一気に持っていくことができるのかもしれないが、僕の場合はバイクしか持っていないので、本を持っていくとしたらバイクになる。
だけど、バイクで大量の本を運ぶことはできないので、時間がある時に小分けにして持っていくなどの対応をしなければならなかった。
それがとにかく面倒で、自宅には「売りたいんだけど、ブックオフに持っていくことができない本」がたまっていくばかりだった。
ニートになってから、ますますその本たちが気になり「これどうする?オークションで売るか?」などと思っていたら、ブックオフに素晴らしいサービスがあるではないか!
なぜ今まで気づかなかったのだろう。

ブックオフでは、いらなくなった本を自宅まで集荷に来てくれるサービスを行っているのだ。
これも宅配サービスのひとつだと思っているが、違うだろうか?
ブックオフでは、本だけじゃなく、CDやゲームなんかもこの方法で買い取ってもらうことができる。
売り上げ金は、後日銀行振込で支払われるので、安心だ。

この方法を知ってから、僕は要らなくなった本やゲームはこの宅配買取サービスで売ることにした。
いらないものを、自宅で簡単に売ることができるこのサービスは、とてもありがたい。
このサービスのおかげで、我が家には要らない本がたまることなく、綺麗な状態を保つことができる様になったのだ。
これは本当に嬉しい。