やっぱりオークション

僕は少し前まで一応働いていたので、とりあえずいくらかの貯蓄はある。
だけど、今はニート生活をしている以上、お金をムダに使うことはできないし、できればちょっとでも収入が欲しいところである。
しかし、自宅で何か仕事をしてお金を稼ぐことができる様な才能は僕には無い。
なので、僕は知恵を絞った末、インターネットオークションを利用することにした。

僕がやっているのは、ヤフー・オークション。
自宅にある不用品を売り、ちょこちょこと生活費を稼いでいる。
売っているのは、昔購入したことがあるカードゲームのカードや、多少は持っているブランドの服だ。
もともとオタク気質な僕は、5年くらい前にカードゲームに嵌っていた。
カードゲームは、強いカードがあればあるほど勝ちやすくなるので、僕は一時期すごくたくさんのカードを購入していたのだ。
その中には、今では販売されていなくてレア扱いになっているカードもある。
まあ、それでも高くて3000円いくかいかないか程度だが、それでもまあ小遣い稼ぎくらいにはなる。

このオークションで落札されたものは、丁寧に梱包して自宅から発送する。
宅配はコンビニやスーパーなどから発送するイメージがあるが、実は頼めば自宅まで来てくれるのだ。
あらかじめインターネットや電話で「この日のこの時間にきてほしい」と言っておけば、あとはきちんとその通りの時刻に来てくれるのである。
この宅配サービスを利用して、僕は自宅から商品を発送している。
商品発送に必要な伝票は、ドライバーに言えば大量にくれるので、それを使えば良い。
こういう方法を使えば、自宅から出なくても宅配便を出すことができるのだ。

この方法を使って、僕はたびたびオークションを利用している。
ブランド服は、昔彼女にもらったものばかりだが、これも今では売っていないものなので、「欲しい」と言う人がいるのだ。
もともと僕はブランドの服に興味が無かったので、ほとんど新品のままである。
洋服は、やっぱり新品が一番良く売れるので、いらないと思いつつとっておいて良かったと思った。

ニート生活を送るには、やはりこういう工夫が必要。
自分は、もともとオークションを利用して物を購入したことはあったけれど、ものを売るようになったのはニート生活を始めてから。
オークションには「評価」があるので、低評価をつけられたら面倒だなと言う気持ちもあった。
でも、馴れればオークションで物を売るのは凄く楽しいし、面白いことだ。
今後、仕事をすることがあっても、上手に利用していきたいと思う。