桜塚やっくん

この前、パソコンを開いたら「桜塚やっくんの死」というニュースが飛び込んできた。
正直、心臓が飛び出るほどびっくりしてしまった…。
特に大ファンというわけでもなかったが、売れている頃はたくさんのテレビに出ていたし、CDデビューなんかもしていたし、最近はイオンなんかを回っていたので存在自体は知っていた。
確か、一度ドラマに出たこともなかったかな。まあ僕みたいな「知っている」というだけの人間がショックを受けるのも変だが、「人間って、いつ死ぬか解らないんだな」と心から思った。

ブログをみたら、地方を精力的に回っていたみたいだ。
次の公演を楽しみにしているという話をしていたし、こういう風に夢や目標がたくさんある人が死んでしまうというのはすごく悲しい。僕みたいに、ニュースを聞いて呆然とした人はたくさんいると思う。そのくらい、ショックなニュースだったから。
テレビで見慣れている人が亡くなるって、なんだか不思議だな。
そしてショックで仕方がない。

●高速道路の怖さ
ここで思ったのが、高速道路の怖さについてである。
最近は車をあまり運転していないが、僕自身高速道路で「危ないな」と感じたことがいくつかあるのだ。
こちらがきちんと車間距離をとっているのに、後ろからあおるような動きをしてくる車とか。明らかにスピード出しすぎている車とか。
やっている本人は平気なのかもしれないが、運転している側からすると本当に怖くてしょうがない。

今回のやっくん事故は、まずやっくん自身が運転している車が事故を起こし、マネージャーが外に出ていろいろな確認をしている間にはねられた。それをやっくんが見て、後続車をとめようと降りたときに轢かれてしまったらしい。
これをきいたとき「ありえる事故だ」と思った。

事故があっただけでもパニックになるのに、この上目の前でマネージャーが轢かれたなんてことになったらさらにパニックになる。
これは僕の想像だが、やっくんの頭からは「ここは高速道路」という当たり前のことが消えていたのではないか。きっと、反射的に外に飛び出してしまったのだろう。
後続車も気の毒ではあるが、亡くなったマネージャーとやっくんが気の毒であることも事実で、なんとも後味がわるい事故だ。悲しむ人が何人も出る事故だと思う・・・。

やっくんの両親も辛いだろうに、しっかりと受け答えをしていてすごく立派な方だと思った。
息子がこんな形でなくなって、辛いばかりだろうに・・・。
本当に、ご冥福をお祈りします。