暑いからますます家から出たくない

「そろそろ働かないとやばいかな」「いや、このままニート生活をしていたら、この生活に慣れすぎて社会復帰ができないだろう」などと危機感を持ってみた僕だが、気合を入れて外に踏み出したとたん、暑い日差しが降り注いできたのでやめた。こんな中に飛び出したら、身体が溶けるに決まってる!やはり外に出るのは秋まで出よう・・・ということで、ニート生活は9月まで続行である。
さすがに、世の中の皆様に対する罪悪感も半端ない・・・さらに、親にはあきれられてるし、どんどん周囲から人がいなくなっていく気がする・・・それでも、楽なんだから辞められないニート生活!こうなったらとことんやってやろうかな・・・なんても思っています。これをブログにしてみたりしてね。意外にたくさんのアクセスがあるかもしれません。

○しかし・・・雨が降らないね
家にいると、テレビを見るかネットをみるかDVDを観るかのどれかになってしまいがち。
そういう生活をおくっていると、自然に社会ニュースに詳しくなる。まあ偏った情報でもあるけど・・・。
で、そこで「今年の梅雨は雨が少ない」などと言われていた。そういえば・・・と僕は思う。僕が住んでいる地域はとっくに梅雨入りしているはずだが、雨が降っていない。言われなければ、梅雨入りしたんだってことすら忘れてしまいそうなほど、毎日は快晴の連続である。
こんなんで日本の夏は大丈夫か?とテレビでやっていたが、僕としても夏の水不足なんかはとっても気になる・・・。サラッと言ってるけど、これってけっこう大変なことだよなあと。
僕が外に出ようと思った日も、凄い快晴だったし・・・。
雨がザーザー降ってばかりなのも困るけれど、雨がまったく降らないのも困る。
雨が降る時期に振らないって、ちょっと気持ち悪いよなあと思った。

そんな状態だから、僕はますます外に出たくない・・・。
朝起きるとカンカン照りだし、夜は遅くまで日が沈まないし、地球のどっかが狂っているんだろうと僕でも思う。
そんなところに、ニート生活をしている僕が出て行きたいと思えるだろうか?悪いけど絶対に無理だ。
このまま9月くらいまでニート生活をしようと思うのは、それも原因である。
最近は日も長くなってきて、7時くらいまで明るいからそれも困る。外に出ない罪悪感がますます大きくなるじゃないか!ニートの生活は夜からはじまるといっても過言ではないので、早く夜が長い秋~冬になってほしいと思う・・・。