デリバリーといえばピザ

デリバリーのサービスとしてまず思い浮かぶのは、
やっぱりピザではないかと思う。
ピザを食べるというだけなら、
スーパーで売っている300円くらいの冷凍ピザだってあるし、
ファミレスにも居酒屋にも安いピザはある。

でもやっぱりあのデリバリーのピザがもつ独特の魅力というのは、
他にはない輝きがある…のではないかと思う。

宅配ピザというのはまずサイズが冷凍のピザやファミレスのピザに比べて大きい。
ファミレスのピザというのはだいたい1人前だし、
スーパーの冷凍ピザも大きいように見えて2人前くらい。
3人で食べるにはちょっと物足りない量だ。

そんな安いピザに比べて宅配ピザにはインパクトがある。
Mサイズというやつでもだいたい3人~4人前くらいあるし、
とくに生地がふわふわとしたパンのようになっているタイプだとかなりボリュームがある。
このボリューム感がやっぱり宅配ピザの魅力なんじゃないかと思う。

それに加えてデリバリーのピザというのはやっぱり具とかチーズが豪華だ。
冷凍ピザだと具はせいぜい玉ねぎとマッシュルームとピーマン、それにやすいチーズがかかっているだけという場合が多い。
デリバリーのピザはたくさんの種類の中から具を選ぶことができるし、
その上にチーズの種類も選べたり、
チーズの量を増やしたりすることまでできる。

季節限定のメニューなんかもあって、
今の時期だとクリスマスに合わせたメニューや、
冬しか食べられないメニューなんかがある。

さらにピザだけじゃなくてサイドメニューがいろいろあるのも嬉しいところ。
ポテトなんかもファーストフードのやつより豪華だし、
しかもデリバリーピザのサイドメニューというのは安い場合が多いから、
やっぱり頼まないと損だ。

そんなわけでデリバリーのピザというのは
やっぱり料理を宅配してくれるサービスの中では王道みたいな存在だと思うし、
たまに無性に食べたくなるもの。

とはいえ無職の俺がそうそう食べられる値段ではないのも事実。
セットで頼めば3000円とか4000円とかするようなものを、
俺が自分で買えるはずがない。

だからそういうときは、
金に余裕のある友達を呼んで一緒に食べることにしている。
そうすればおいしいピザにありつけるし、
食べきれないということもないから一石二鳥というわけ。
おれもつくづくせこいよな。